To YOU, who arrive at this website(このサイトに辿り着いたあなたへ)

After the Epilogue of "Your Name."

Welcome to FotoReiser!

This website is a portal media of me, Alan Drake Haller, who is active as a travel journalist and media creator.

First of all, I’d like to introduce you to this website’s name FotoReiser concisely.

FotoReiser is a coined word that combines words “Foto” with “Reiser”, which mean “photograph” and “travel” in German. Plus, “Foto” also includes the meaning of “Light”.

So, I named the title of this website “FotoReiser” after those German words with the meanings “a traveler who seeks light (hope)”.

Introduction of this portal media’s contents

Although I named “portal media” exaggeratedly, it isn’t such an overambitious thing. In short, portal media is mere a private blog that includes links of each SNS and gallery that I use on a daily basis. So, you can feel free to enjoy contents of this website.

Off course, as you’d expect of “media”, the main contents of this website is article. In this website, I’m mainly posting articles of the following themes.

Contents of this portal media
  1. Travel : articles related to maniac sightseeing information that I collect while traveling.
  2. Chiba : articles introduce my home area Chiba.
  3. Camera : articles related to information about how to choose a camera for travels and that enhances your camera life.

I’m inserting my photographic works that I’m ultimately particular about art and produce in posts, so you can enjoy them with articles.

Plus, you can also jump to photographic gallery that I open in 500px from the link of 4. Portfolio. I’d be very glad if you could also enjoy them.

The world is far more beautiful and hopeful than we think

Bullying, divorce of my parents, abandonment of going on to a university due to economic troubles, obsessive-compulsive disorder, failure of the business and personal bankruptcy. Since I had experienced them in sequence, I strongly believed in that there was no hope in my life.

However, I noticed that some beautiful scenes that I got moved to tears glitter around me when I walked around the outside world with a camera. It may be a superb view that the history of thousands years produced, or, may be a working of people that I saw accidentally in a town.

Anyway, I wan’t simply able to notice them because I looked away. A scene and moment that I can be impressed and have hope in my life have existed if I looked for them consciously. Besides, they’ve been glittering innumerably.

I thought if I reported articles attached with photographs, which were formed by hope I found that way, I could provide not only information related to travel and photograph but also more valuable things, like encouraging people who believed there was no hope in their life same as previous me. Therefore I built up this portal media.

The world is far more beautiful and hopeful than we think.

I eagerly hope that contents of this website can contribute to lighting even a little hope in your heart.

ようこそ、FotoReiserへ!

当サイトはトラベルジャーナリスト兼メディアクリエイターとして活動する、僕、Alan Drake Haller(アラン・ドレイク・ハーラー)のポータルメディアだ。

まずはじめに、当サイトの名前であるFotoReiser(フォトライザー)について簡単に紹介しよう。

FotoReiserは「写真(Foto)」と「旅人(Reiser)」を意味するドイツ語を組み合わせた造語だ。ただし、Fotoには「光」という意味も含まれている。

そこから由来して「光(希望)を探し求める旅人」という意味を込めたFotoReiserを当サイトのタイトルとして名付けたというわけだ。

当ポータルメディアのコンテンツ紹介

「ポータルメディア」と大げさな名前を付けてはあるが、そんな大それたものではなく、要は僕個人のブログに利用している各種SNSやギャラリーサイトへのリンクを組み込んだものに過ぎないので、ぜひ気軽にサイトの各コンテンツに触れてみてほしい。

もちろん「メディア」というからには当然ブログでの情報発信が当サイトのメインコンテンツになっており、当サイトでは主に下記に関する記事を掲載している。

当ポータルメディアのコンテンツ
  1. Travel:旅行先で取材したマニアックな観光の情報に関する記事
  2. Chiba:僕の地元である千葉の魅力を紹介する記事
  3. Camera:旅カメラの選び方やカメラライフをより充実させる情報に関する記事

記事の中では僕が極限までこだわり抜いて制作する写真の作品も掲載していくので、ぜひ記事の文章と合わせて楽しんでいただければと思う。

また、4. Portfolioからは500pxで公開している僕の写真作品のギャラリーへ移動することもできるので、そちらも楽しんでいただければ幸いだ。

この世界は僕らが思っている以上にずっと美しく、希望で溢れている。

いじめ、両親の離婚、大学進学の断念、強迫性障害、事業の失敗、そして自己破産。それらを次々と経験してきたこともあり、僕の人生には絶望しかないのだと強く信じ込んでいた。

しかし、カメラを持って外の世界を歩き回ってみると、思わず涙が溢れるほどに美しい光景がいくつも煌めいていることに気付く。それは何千年という歴史が生み出した絶景かもしれないし、街中で偶然見かけた人々の営みかもしれない。

いずれにしろ、自分が目を背けていたばかりに気付けなかっただけの話で、ちゃんと意識して探せば、自分の周りにも人生に希望が持てるほどに感動できるような光景や瞬間が確かに存在しているのだ。しかも無数に煌めいている。

そうして見つけた希望を写真という形にして記事に添えて伝えていけば、単に旅行や写真に関連する情報を発信するだけではなく、もっと価値あるものを提供できるのではないか。そう、過去の僕自身のように人生には絶望しかないと信じている人たちを微力ながらも応援していけるのではないかと思い、僕はこのポータルメディアを立ち上げた。

この世界は僕らが思っている以上にずっと美しく、希望で溢れている。

ほんのわずかでもいい。当サイトのコンテンツが今を生きるあなたの心に希望の光を灯すのに貢献できればと切に願う。